iPhone6sシリーズのトラックパッド機能が便利だった!

Double exposure of man's hand using smart phone
お役立ち情報

iPhoneを使用していてちょっと不便だったテキスト入力時のカーソル位置の移動。

iPhone6sシリーズでは、3D Touchを搭載したことにより、この不便をこんな方法で解決しました!

キーボードを強く押し込むことにより、トラックパッド機能になる!

それでは、メモ帳を使用した例で解説しましょう。

 

メモ帳を使用した例

画像にあるキーボードのエリア内で強く押し込みんでみてください。

そうすると、文字が消え、トラクパッドモードになります。そうすると黄色の縦棒カーソルが出現します。

あとは、指を離さず、好きなカーソル位置まで移動させ、指を離せばOKです!!

IMG_6643

 

コピーしたい場合の選択方法

さらに、そこからコピーしたい範囲を選択することができます。

カーソルを任意の位置まで移動させたら、指を離さず、強く押し込むと「単語」が選択されます。

そして「単語」を選択された後、再度強く押し込むと「文」が選択されます。

さらに、再度強く押し込むと「段落」が選択されます。

ただし、慣れるまでちょっとやりづらいかもしれませんが、テンポ良く押し込むのがコツかもしれません。

 

任意の文を選択したい場合

任意の位置までカーソルを移動し強く押し込むと「単語」が選択されますが、そのまま指を動かしていけば連動して「単語」が選択されていきます。

ただし、この操作で選択できるのは「単語」単位しか選択できませんので、細かいとこまでを指定する場合は、従来の方法でやるしかありません。

 

コピーやカットなどの編集メニューを表示させたい場合

トラックパッドで選択した部分をタップすると編集メニューが表示されますので、操作したい項目を選択してください。

 

メモ帳以外でも使用できるので、積極的に活用してiPhone6sシリーズの恩恵を受けましょう♫

 

Phoneの画面割れやバッテリー劣化、ホームボタンの不具合などありましたら、オンデマンド出張修理によりご自身のライフスタイルを維持したまま修理できる、iRepairs Lab(通称:あいりぺ)へ修理リクエストを!!