Appleの修理事業者プログラムの認定に向けて「iPhone出張修理スタッフ100名募集」

その他

iPhone出張修理サービスを全国で展開している『あいりぺ』は、第3期のiKeeper(アイキーパー:出張修理スタッフ)の募集をスタートしました。

今後、スマホ販売における「分離プラン」の義務化により、回線契約とセットにした端末値引きがなくなる時代に突入しました。

そうなると画面割れなどでスマホが壊れても、端末代金が高すぎて、安易に機種変更できず、一つの端末を長く使い続けることが求められると必然的に「修理」が求められます。

また、Appleは2019年8月29日にiPhone、iPadの修理を手がける認定修理事業者を拡大すると発表しました。今まではカメラのキタムラやBICカメラなどに限定していましたが、今後は第三者でも試験に合格すれば、純正部品、診断ツールを供給してくれることになります。(修理で買い替えサイクルが延びると端末販売にはマイナスですが、動画配信などサービス事業で稼ぐには顧客満足度を高めるのが重要だと判断したようです)

この認定は「独立系の修理事業者プログラム」と呼ばれ、新たな認定制度をまず米国で始めております。段階的に他の地域にも広げていき、iPhoneのシェア率世界一の日本も早々と拡大されることが予想されます。

認定は無料。商業地域に店舗を持つなど一定の条件を満たした上で、技術力を確かめるオンライン上の試験を製品ごとに毎年受ける必要がある。合格した事業者には、ディスプレーや電池などの純正交換部品のほか修理マニュアルや工具などを提供する。

日本経済新聞より一部抜粋

これからの修理市場が活性化し、需要が拡大することを見据え、あいりぺでiPhoneの修理技術を習得して、出張修理のビジネスをスタートしませんか?

そもそも、あいりぺってどんなサービス?

あいりぺは、お客様(画面割れなどiPhoneを修理したい人)とiKeeper(アイキーパー:出張修理スタッフ)をウェブサイトでマッチングし、出張修理を提供するスキルシェアリングサービスです。(SEO1位:キーワード「iPhone 修理 出張」)

3つの特徴

「出張修理」ならではのメリットである「利便性・即時性」と、対面修理と独自の保証による「安心感」があいりぺの特徴です。

安心・安全への取り組み

こんな方にオススメ!

  1. 初期費用を低く抑えて、新たなビジネスをしたい
  2. 手に職をつけたい
  3. iPhoneが好き
  4. 困りごとを解決するのが好き
  5. ガジェット好き
  6. 分解系の記事をつい見てしまう

誰にでもできる?!

「iPhoneの修理」と聞くと「難しそう」「器用じゃないと無理なんでしょ」と言われますが、現在全国で活躍しているiKeeperは、全員未経験で主婦の方から大学生まで活躍しております。

決して簡単ではないですが、あいりぺでは「オンライン研修30時間」+「対面研修」による独自のリペアエンジニア資格制度により、未経験で手先が器用ではない方でも修理技術を習得できるようになっておりますので安心してください。

費用は?

修理道具や研修費などを全て含めて、25万円(税抜)です。

安くはありませんが、適切にビジネスを開始すれば6〜8ヶ月ほどで元が取れます

スマホ修理市場は伸びる?!

今後、総務省が中心となって中古スマホの流通量を増加させる施策、法改正が決定しており、スマホ修理市場は、500億円から1,500億円まで成長すると言われています。(※詳細は、資料P10〜P13をご覧ください)

なぜなら、スマホ販売における「分離プラン」の義務化により、回線契約とセットにした端末値引きができなくなり、端末の値引きが上限2万円までなりました。これにより画面割れなどでスマホが壊れても、安易に機種変更するわけにはいかなくなり、一つの端末を長く使い続けること(修理)が求められてきます。

また、Appleの「独立系の修理事業者認定プログラム」の展開が日本で始まり、あいりぺが認定修理事業者になれば、出張修理ですでにSEO1位の私たちに有利に働くと思っております。

お客様の声

メディア掲載

産経Biz:スマホなど修理関連の「あいりぺ」 技術平準化で登録技師大幅増

参考資料

最後に

私たちは「修理」を通じて、より良い豊かな未来を創造することをミッションに、このiKeeperビジネスを日本全国に広めたいと思っております。

詳細は、以下の資料に記載しておりますので、ダウンロードしていただき、お申し込みください。

資料一覧

申込先

こちらよりお申し込みください。

問い合わせ先

こちらからお問い合わせください。